BLOG

肩こり、腰痛改善

腰痛・肩こりを治すなら「猫背の改善」から

 

こんにちは!腰痛&肩こり改善トレーニング『STUDIO BE FREE』トレーナーの吉田です。

デスクワークや在宅ワークの機会が多い現代において、多くの方がお悩みの「肩こり」と「腰痛」。

慢性的なこりや痛みに耐えかねて、整体やマッサージを受けに行くという方も多いのではないでしょうか?

ところが、

「一時的には楽になるけれど、数日経過するとこりや痛みが再発してくる・・・」

という方も多いのが肩こり、腰痛の厄介なところ。

STUDIO BE FREEは「腰痛&肩こり改善トレーニングジム」として、多くのお客様のお悩み解決のサポートをしてまいりました。

ここでは、「なぜ腰痛や肩こりが起こるのか?」の根本的な理由や「肩こり、腰痛になりにくい身体づくり」など、皆様にお役立ていただける情報を発信していきます。

目次

猫背が肩こり、腰痛を招く?

厚生労働省による男女別の「有訴者率(病気や怪我などの症状がある人の割合)」を見ると

・男性:1位 腰痛 2位 肩こり

・女性:1位 肩こり 2位 腰痛

となっています。「肩こり」と「腰痛」が上位2つを占めているんですね。

このように多くの方がお悩みの肩こりと腰痛ですが、その原因の1つが「猫背」に代表される不良姿勢にあります。

現代人に多い猫背『スウェイバック姿勢』+『フォワードヘッド』

一口に「猫背」といっても様々なパターンがあるのですが、現代人に最も多い猫背パターンとして知られているのが、『スウェイバック姿勢』と『フォワードヘッド』と呼ばれる不良姿勢が組み合わさったパターンです。

『スウェイバック姿勢』とは、重心がつま先寄りになり、骨盤が前方に突き出た、「のけぞる」ようになった姿勢。

一方、『フォワードヘッド』は「頭の位置が通常よりも前方に突き出た」状態を指します。

この2つが組み合わさったのがイラストのような、お腹がぽっこりと出て頭が前方へ突き出たような猫背姿勢です。

背骨は直線ではなく、S字カーブを描く「生理的弯曲」

なぜ、猫背姿勢が肩こりや腰痛の原因になるのか?その理由をご説明する前に、「背骨の生理的弯曲」についてお話をしていきます。

「背骨」は棒のような一直線ではなく、イラストのようにアルファベットの「S」のようなカーブを描いています。

背骨は上から頚椎(けいつい/首の部分)・胸椎(きょうつい/胸の部分)・腰椎(ようつい/腰の部分)の3つに分類されます。

このうち、頚椎と腰椎は前弯(前方にカーブ)し、胸椎は後弯(後方にカーブ)し、全体的にS字カーブを描く形になっています。この背骨の自然なS字カーブを「生理的弯曲」といいます。

背骨の生理的弯曲の役割①運動時の衝撃吸収

なぜ背骨の生理的弯曲が存在するかというと、1つは「歩く、走る、ジャンプする」等の運動時の衝撃を吸収するためです。

実は歩行時には私たちの体には、地面から「体重の1.2~1.5倍」もの衝撃が掛かっていると言われています。

それほど強い衝撃が身体にかかると、首や肩、腰の関節はもちろん、脳にも衝撃が加わってしまいます。

そのため、背骨にS字カーブが存在することにより「クッション作用」が働き、歩行などの運動時の衝撃から関節や脳を守る役割を果たしているのです。

背骨の生理的弯曲の役割②頭部の重みを支える

そして、背骨の生理的弯曲のもう1つの役割が「頭部の重さを支える」こと。

実は人の頭の重さは約5kg~8kgもあると言われています。ボウリングのボールと同じくらいあるんですね。

これだけ重い頭部を背骨と靭帯、そして筋肉によって支えているのですが、生理的弯曲であるS字カーブが存在することで「背骨の支える力を強くし」、筋肉などへの負担を軽減しているという訳です。

このように背骨のS字カーブは運動時の衝撃や頭の重さによる負担から、私たち自身の体を守ってくれる大事な存在であると言って良いでしょう。

背骨の支える力はカーブに数によって変化する。

実は背骨が頭の重さなどを支える力というのは、「カーブの数」によって変化すると言われています。

具体的に言うと、背骨の支える力は「背骨のカーブの数の2乗+1」という公式に比例するとされています。

背骨が正しい姿勢でS字カーブを描いている場合、頚椎、胸椎、腰椎の3つのカーブがあるので、支える力は

3×3+1=10

となります。

カーブが1つ少なくなるだけで、背骨の支える力は半分になる

ところが、猫背などにより背骨のカーブが少なくなってしまいます。イラスト左側の例で言えば、腰椎のカーブが消失して2つになっているので、「2×2+1=5」。

なんと、カーブの数が1つ減っただけで、背骨の支える力は半分になってしまうんですね。

そのぶん頭の重さを支えるために首や背中の筋肉への負担が増加します。

その結果、肩こりや腰痛の原因になってしまうのです。

肩こり、腰痛を根本的に治すには「猫背の改善」が不可欠

ここまでお話ししてきたように、肩こり、腰痛の根本的な原因が猫背などの不良姿勢にあるとすれば、「姿勢改善」が不可欠です。

なぜなら、ストレッチやマッサージなどで一時的に肩のこりや腰の痛みが良くなったとしても「猫背」のままでは再び症状が再発する可能性が高いからです。

逆に言えば、猫背を改善して姿勢を良くすることで、「肩こり、腰痛を根本的に解決できる」可能性があるということです。

肩こり、腰痛でお悩みの方はぜひ一度、ご自身の姿勢が歪んでいないか?専門家にチェックしてもらうのをオススメします!

まとめ

ここまで肩こり、腰痛と猫背との関係についてお話をしてきました。

肩こりや腰痛の原因が「猫背」にある場合、例えストレッチやマッサージで肩、腰が一時的に楽になったとしても、すぐに症状が再発してしまう可能性もあります。

だからこそは、併せて「猫背を治す」ことが大事なんですね。

次回は具体的に「猫背の改善」についてお話をしていきたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

SHARE

ブログ一覧

ホーム > ブログ > 腰痛・肩こりを治すなら「猫背の改善」から