BLOG

肩こり、腰痛改善

腰痛の概要

皆さんこんにちは!姿勢改善トレーニングジム『STUDIO BE FREE』トレーナーの吉田です。

今回は腰痛についてお話しをしていきたいと思います。

厚生労働省が実施している「国民生活基礎調査」によると、病気や怪我などで自覚症状がある人の割合を示す「有訴者率」という指標で、腰痛は男性で第1位、女性では第2位という結果が報告されています。

ちなみに男性の第2位、女性の第1位は「肩こり」。つまり、男女ともに「腰痛」と「肩こり」が上位2つを占めるということですね。

このようにデータから見ても身近な症状である「腰痛」ですが、その原因や病状は様々です。

今回はそんな腰痛という症状全体の概要についてご紹介していきます。

目次

日本人の80%が経験する「腰痛」

先ほど、厚生労働省の「有訴者率」では男女ともに上位2つに「腰痛」がランクインしているとご紹介しましたが、実は「日本人の80%が腰痛を経験している」とも言われています。

社員100人の職場だとしたら、80人は腰痛を経験しているという確率になります。いかに腰痛が身近な症状かを感じさせられる話ですよね。

また、医療機関に通院している理由を調べてみると、男性では第5位に、女性では第4位に腰痛がランクインしています。

他の理由が高血圧や糖尿などの内科疾患、歯科疾患、眼科疾患でしたが、整形外科疾患の中でいえば、腰痛が最も多い理由であることが分かります。

腰痛の原因

このように、多くの方が悩まされる腰痛ですが、原因は様々あります。

以下、主な腰痛の原因をあげていきます。

①背骨由来  ③心因性由来  ⑤血管由来

②神経由来  ④内臓由来   ⑥筋肉由来

③の「心因性由来」は主にストレスなどが原因となって起こる腰痛、④の「内臓由来」は癌や内臓疾患などが原因の腰痛、そして⑤「血管由来」は大動脈瘤などが原因となって起こる腰痛です。

そして⑥の「筋肉由来」は腰部や股関節周辺の筋肉を痛めることで起こる腰痛。おそらくこれが一番イメージにあるタイプの腰痛ではないでしょうか。


「腰痛って腰の筋肉や骨が原因で起こるんじゃないの?」

と思われる方も多いかと思います。

しかし、実際はこのように様々なタイプの腰痛が存在します。

しかも、腰痛で医療機関を受診する人の8~9割の人は「原因不明」と言われるそうです。レントゲンや触診では原因が分からないケースも多いということですね。

しかし「それなら腰痛になっても受診する意味はないんじゃないの?」とはならないでください。逆に言えば「1~2割は原因が特定できる」ということですから。

また、腰痛の中には「腰の痛み」だけでは済まない、重い病気のサインであるケースもあるからです。

鑑別が必要な腰痛

腰痛改善というとマッサージや整体などの徒手療法や体幹トレーニングなどの運動療法があげられます。

しかし、前述したように症状によっては生命に関わりがあるような病気である可能性もあります。

以下、医療機関での鑑別が必要な腰痛をあげていきます。

①腫瘍(原発性、転移性脊椎腫瘍など)

②感染症(化膿性脊椎炎、結核性脊椎炎)

③外傷(背骨の骨折など)

④神経症状を伴う疾患(腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症など)

このうち①、②はトレーニングや施術による療法ではなく、医療機関での治療が必須の症状です。また、③と④に関しては発症初期の痛みが酷い時期に頑張って運動で治そうとトレーニングをしてしまうと、かえって症状を悪化させてしまう可能性もあります。

腰痛の危険信号

医療機関での鑑別が必要な腰痛についてご紹介してきました。ここまで読んでいただくと、「え?もしかして今、腰が痛いのは重大な病気なの?」と不安になる方もいらっしゃるかもしれません。もちろん、全ての腰痛がこれに当てはまるというわけではありません。

では、どのような痛みであれば医療機関での鑑別が必要なのか?

まず、症状としては以下の2点が判断基準になります。


・安静時痛(身体を動かしていない時にも痛みが出る)の有無

・姿勢の変化や体の動きによって変化しない痛み


それを踏まえた上で、以下の「脊椎疾患のレッドフラッグ」と呼ばれる項目に該当しないかを確認しましょう。

・発症年齢が20歳以下、または50歳以上

・時間帯や活動性に関係がない腰痛

・胸部痛も併発している

・癌、ステロイド治療、HIVの既往歴がある

・栄養不良

・体重減少

・広範囲にわたる神経症状

・構築性脊椎変形

・発熱

以上のような症状に当てはまる場合、筋肉や関節が原因の腰痛ではない可能性もありますので、医療機関での検査をオススメします。

トレーニングで改善できる腰痛とは?

ここまで医療機関での鑑別が必要な腰痛についてご紹介してきました。

これらの症状に当てはまる腰痛の場合はトレーニングや施術よりも、まず医療機関での適切な治療が必要となります。

一方で、トレーニングなどの「運動療法」によって改善可能、あるいは再発予防が可能な腰痛も存在します。

どういった腰痛かというと「姿勢や動作に原因があるタイプ」の腰痛です。

そのような腰痛の場合、トレーニングやストレッチなどによって

・固まった筋肉の柔軟性を上げ、弛んだ筋肉を刺激することで、筋バランスを整える。

・猫背や反り腰などの不良姿勢を改善する。

・適切な関節可動域を取り戻し、腰に過度な負担がかからない動作パターンを身につける

といった方法で改善することが可能です。

以下、主な種類の腰痛をご紹介していきます。

腰椎椎間板ヘルニア

「椎間板ヘルニア」とは、「椎間板」と呼ばれる背骨の骨と骨の間にある円板状の軟骨の組織が、本来の位置から突出したり、飛び出してしまうことで神経が圧迫され、痛みやしびれ、筋力低下などを生じる疾患です。

主な症状としては、

・腰痛   ・筋力低下

・下肢痛  ・感覚異常

・しびれ

などがあります。

また、症状が悪化すると「膀胱直腸障害」という疾患に繋がるケースもあります。

※膀胱直腸障害についてはまた別の機会に詳しくご紹介していきます。

仙腸関節障害

「仙腸関節(せんちょうかんせつ)」は骨盤の骨である仙骨と腸骨の間にある関節で、周囲の靭帯で連結されています。

仙腸関節は3~5㎜と非常に小さい動きしか有していない関節なのですが、日常生活の動作に対応できるよう建物の免震構造のように根本から背骨のバランスをとっていると考えられています。

この仙腸関節に微笑な不具合が生じることで生じる腰痛を「仙腸関節障害」といいます。

いわゆる「ぎっくり腰」の原因の1つとも言われています。

仙腸関節障害由来の腰痛の特徴としては、

・左右どちらか片側の腰~臀部、下肢に痛みが生じる。

・臀部、下肢以外にも鼠径部に痛みが生じることもある。

などがあります。

腰椎分離症と腰椎すべり症

「腰椎分離症」は背骨の後方の突起部である「椎弓」という部分に生じる疲労骨折をされ、「背骨の同一部位に繰り返し負荷がかかることで生じる障害」です。

腰椎分離症は11歳~13歳頃に発生しやすく、小学生から高校生のスポーツ競技者の発症がほとんどだと言われています。

腰椎分離症の症状として

・腰痛(腰のベルトのあたりに痛みが出る)

・臀部~太ももの痛み

などがありますが、「腰を反る動き」で痛みが強くなるのが特徴です。

また、腰椎分離症が悪化すると「腰椎すべり症」に進行するケースもあります。腰椎すべり症は分離症によって椎間関節の突起部に亀裂が入ったところで上の背骨が前方にすべるような形でずれてしまう症状です。

腰椎すべり症の症状も分離症と大差はなく、「下半身のしびれ」や「痛み」の他、歩くときにかがむと楽になる「間欠性跛行(かんけつせいはこう)」という症状も見られます。

筋筋膜性腰痛

「筋筋膜性腰痛」はおそらく最もイメージされるタイプの腰痛かと思われます。

腰~お尻にかけての筋肉が過度に緊張して固くなることで血液の循環が悪くなり、痛みを発する物質が発生することで起こる腰痛です。

筋筋膜性腰痛は長時間の座位姿勢や胡座座り、中腰姿勢を続けることで、腰部周辺の筋肉に負担がかかることで発生します。

主な症状と特徴としては

・1ヶ所に局限しない鈍痛

・筋の圧痛

などがあります。

まとめ

今回は「腰痛の概要」と題してお話しをしてきました。

最初にご紹介しましたが、腰痛は日本人の80%が経験すると言われているほど、私たちにとって身近な症状です。

しかし、その原因は様々あるということですね。

先ほどもご紹介したように、症状によっては内臓の病気や、骨の変形など医療機関での検査が必要なケースもあります。

一方で、仙腸関節障害や軽度のヘルニアや筋筋膜性腰痛の場合はトレーニングを行うことで改善や再発の予防ができるケースも多くあります。

ここで重要なことは、「腰痛は整体やマッサージなどの施術だけでは根本的な解決には繋がらないことが多い」ということです。

なぜなら、「腰を痛めやすい姿勢や体の使い方」が原因の場合、それらを改善しなければ痛みに解決には繋がらないからです。

だからこそ、腰痛改善にはトレーニングも必要なんですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

SHARE

ブログ一覧

ホーム > ブログ > 腰痛の概要