BLOG

ピラティス

ピラティスとは

みなさんこんにちは。プライベートピラティスレッスン「STUDIO BE FREE学芸大学」トレーナーの吉田です。

今回は「ピラティスとは何か」のついてご紹介していきたいと思います。

近年、女優さんやモデルさんが健康維持やスタイルアップのために取り入れたり、アスリートがパフォーマンス向上のトレーニングの一環として取り入れているピラティス。

しかし、まだまだ「そもそもピラティスって何?」「ピラティスとヨガの違いっては?」といった疑問を持つ方も多くいらっしゃいます。

そこで今回は、「ピラティスとは何か?」について、その歴史や特徴についてご紹介していきます。

目次

ピラティスとは?その歴史

ピラティスとは、ドイツ人のジョセフ・ヒューバータス・ピラティス氏によって創始されたエクササイズメソッドです。

もともと虚弱体質だったピラティス氏は若い頃から自身の体質を改善するために様々なトレーニングやスポーツに取り組んでいました。その中でオリジナルのエクササイズを自ら創り、実践していたのです。

第一次世界大戦が勃発すると、ピラティス氏は看護師として従軍。イギリスで捕虜になった際、負傷兵の体力回復のため、自身のエクササイズメソッドを応用し、横になったままでも行えるエクササイズを指導しました。これがピラティスの原型になったと言われています。

このように、ジョセフ・ヒューバータス・ピラティス氏によって実践され、負傷兵のリハビリとして開発されたエクササイズ・メソッドが今日のピラティスの始まりとされています。

世界中に普及したピラティス

 今日、ピラティスは世界中に普及し、人気のエクササイズとなっています。

 第一次大戦後、ドイツに帰国したピラティス氏は警察官への護身術の指導やリハビリ患者への運動指導に従事。その後1926年に渡米し、翌年ニューヨークに自身のスタジオを開設。

ピラティ氏は自身のメソッドを「コントロロジー」と名付け、近隣のダンススタジオのダンサー達を指導しました。

そこから評判が広がり、女優やアスリート、健康志向の高い富裕層がピラティス氏のエクササイズメソッドを支持。全米に広がっていきます。

ピラティス氏は1967年に亡くなりましたが、その功績を称えて彼の弟子達によって、エクササイズメソッドに「ピラティス」の名がつけられました。

今日、ピラティスは北米のみならず南米、ヨーロッパ、アジアと世界中に普及。近年日本でもその効果が注目され、ピラティススタジオが増えてきています。

ピラティスの効果

リハビリ法として考案されたピラティスですが、現在ではそれに留まらず、ボディメイクや美容、アスリートのパフォーマンス向上など様々な目的で取り入れられているエクササイズメソッドでもあります。以下、いくつかピラティスの効果をご紹介していきます。

①姿勢改善

②自律神経の乱れを改善する

③ボディメイク

ピラティスの効果① 姿勢改善

ピラティスには「姿勢改善」の効果があります。

ピラティスはウェイトトレーニングなどの一般的な筋トレとは異なり、体の深層にある「インナーマッスル」を鍛えるエクササイズです。このインナーマッスルと呼ばれる筋肉は、骨格を支え、関節の動きを安定させる役割を担っています。


そのため、インナーマッスルを鍛えることで、猫背や反り腰といった「不良姿勢」を改善する効果が期待できます。

また姿勢を改善することで、関節や筋肉がスムーズに動くようになるため、スポーツなどの運動パフォーマンスの向上にも繋がります。

ピラティスの効果② 自律神経の乱れを整える

「自律神経の乱れ」を整える効果があります。

ピラティスは呼吸に集中しながら全身を動かすエクササイズです。自律神経の働きは呼吸と連動していることが研究で分かっています。そのため、呼吸機能が低下すると自律神経の働きが乱れやすくなってしまうのです。

自律神経が乱れると、「眠りが浅い」「肩や腰の筋肉が強ばり、肩こり、腰痛を引き起こしやすくなる」「疲れが取れない」「ストレスを感じやすくなる」など、心身ともに様々な不調が生じやすくなります。

ピラティスは正常な呼吸機能の獲得を介して、自律神経のバランスを整えることで、こうした慢性的な身体の不調を改善する効果も期待できます。

ピラティスの効果③ ボディメイク

ピラティスは「ボディメイク」の効果も高いエクササイズ・メソッドです。

①の項で述べた姿勢改善に付随しますが、猫背や反り腰といった不良姿勢が改善することで、ボディメイクの効果も期待できます。

特に女性の方が気になるウェストやヒップラインの引き締め、バストアップなどにも繋がり、綺麗なボディラインを作るのに効果的なのもピラティスの効果の1つです。

また、インナーマッスルを鍛えることで、身体の外側のアウターマッスルの動きも良くなりますので、ウェイトトレーニングなどの筋トレの効果を高めるためにもピラティスはおすすめです。

このように「ボディメイク」もピラティスの大きな特徴の1つと言えます。

ピラティスの種類

ピラティスは大きく分けて「マシンピラティス」と「マットピラティス」の2種類があります。

「マシンピラティス」は「リフォーマー」「ピラティスチェア」などの専門の器具を使用します。

年齢や体力に合わせて細かい調整ができるため、体力に自身がない方からアスリートまで、体の状態に合わせて様々なピラティスエクササイズを行えるのが特徴です。

「マットピラティス」はヨガマットを床に敷き、その上で自重を負荷として行います。
マットピラティスは自重を利用して行う分、背骨や骨盤などの体の細かい動きを自身でコントロールしながら行うなど、筋力と共に様々な感覚を刺激して脳を活性化させる効果もあります。

このようにピラティスは2種類あり、目的や体力に合わせて選んでいただくと良いかと思います。

ちなみに、STUDIO BE FREE学芸大学では「マットピラティス」を採用しております。

まとめ

今回は「ピラティスとは」と題して、

・ピラティスの歴史

・ピラティスの効果

・ピラティスの種類

についてご紹介してきました。

ピラティスの効果についてはここではご紹介しきれなかったものもまだまだありますが、次回以降、またご紹介していきたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

SHARE

[addtoany]

ブログ一覧

ホーム > ブログ > ピラティスとは