BLOG

猫背改善

猫背改善に効果的なピラティスエクササイズ:POSストレッチ

 みなさんこんにちは、ピラティスサロン「STUDIO BE FREE学芸大学」トレーナーの吉田です。

前回は「猫背改善に必要なポイント」と題してお送りしてきました。詳しくは、ぜひ前回の記事もご参照ください。

その中で猫背を改善するためには、硬くなった筋肉を伸ばしたり、弛んだ筋肉を鍛えるだけではなく、姿勢をコントロールしている脳の活性化も必要であるということをご紹介してきました。

そこで、今回からは具体的に「猫背改善に効果的なピラティス種目」をご紹介していきたいと思います。

目次

猫背改善ピラティス種目:POSストレッチ

■目的:背中の筋肉(広背筋)とお尻の筋肉(大殿筋)のストレッチ

■エクササイズ手順

①四つん這いの姿勢をとります。

②左膝を曲げて、膝の外側を床につけ、右脚は後方へ伸ばします。

③上半身を左膝の内側に向けて倒し、左肘は肩の真下に置きます。

④右腕を左斜め前方に伸ばします。この時、左のお尻は床から浮かせておきましょう。

⑤この姿勢を30秒間キープします。

■ポイント

・背中の右側と左のお尻がストレッチされているのを意識し、呼吸は楽に行いましょう。

・反対側も同様に行います。

エクササイズの注意点

・床についている膝に痛みを感じる場合は、下にクッションなどを置いて行ってみましょう。

・それでも痛みがある場合は、無理はせずにエクササイズを中断しましょう。

・エクササイズ中は息を止めず、鼻呼吸でゆっくり呼吸を続けましょう。

エクササイズの理論解説

 現代人に多い猫背パターンである「スウェイバック姿勢」は、「猫背と反り腰が組合わさった姿勢」です。そのため背中の筋肉が過剰に緊張した状態なので、まずはこの緊張を弛める必要があります。

また、スウェイバック姿勢は骨盤が前方に突き出て、お尻の筋肉である大殿筋も緊張状態になります。

 そのため、広背筋と大殿筋を同時にストレッチできるPOSストレッチは、スウェイバック姿勢の改善に効果的なエクササイズであると言えます。

まとめ

 今回は猫背改善に効果的なピラティスエクササイズとして「POSストレッチ」をご紹介してきました。

デスクワークが多い現代の働き方では背中の筋肉とお尻の筋肉は緊張しやすく、その結果、猫背に繋がってしまいます。

 また、背中やお尻の筋肉の緊張は腰痛の原因にもなりますので、腰痛予防という観点からも、このPOSストレッチはオススメのエクササイズです。

 次回も引き続き、猫背改善に効果的なピラティスエクササイズをご紹介していきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

SHARE

[addtoany]

ブログ一覧

ホーム > ブログ > 猫背改善に効果的なピラティスエクササイズ:POSストレッチ