BLOG

ブログ

自律神経の乱れと体調不良

みなさんこんにちは、ピラティスサロン「STUDIO BE FREE学芸大学」トレーナーの吉田です。

前回は「ピラティスは新時代の脳トレ」と題して、ピラティスが私たちの脳を活性化させる様々な効果についてご紹介をしてきました。

詳しくはぜひ、前回の記事もご参照ください。

今回はそれと関連して、自律神経の乱れと体調不良の関係についてお話をしていきたいと思います。

目次

病気ではないけれど、体調がイマイチ···「不定愁訴(ふていしゅうそ)」って何?

「昨夜、しっかり寝たはずなのに、午前中から身体が重ダルい」

「慢性的な偏頭痛で困っている」

「緊張すると動悸が止まらない」

「常にイライラしたり、落ち込んだり····気分の浮き沈みが激しくて疲れてしまう」

などなど、そんなお悩み、ありませんか?

 こうした体調不良(精神的なものも含めて)が長く続き、原因を特定しようと医療機関で診察を受ける方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、何らかの病気と診断されれば、適切な治療を受けて症状が改善されるかもしれません。

 ところが、実際は体調不良なのに、検査の結果は「異常ナシ」と診断されるケースも少なくありません。

このように「病気ではないけれど、原因がよくわからない」体調不良のことを、総称して「不定愁訴(ふていしゅうそ)」といいます。

 

不定愁訴の症状

不定愁訴の具体的な症状は人それぞれです。また、症状が出る期間や頻度も、

・ひとつの症状が長い期間続く

・複数の症状が不定期にあらわれる

といったように、人によって異なります。

不定愁訴のよくある症状としては、

・カラダのだるさ
・頭痛、
・冷え、
・便秘
・めまい、
・むくみ

など、身体的な不調の他、

・わけもなくイライラする、
・気分が落ち込む、
・眠れない

などの精神的な不調もあります。

原因は「自律神経の乱れ」!?

不定愁訴は自律神経のバランスが崩れたときにあらわれることが多いといわれています。

具体的には、

・心身のストレス
・不規則な生活習慣
・ホルモンバランスの乱れ

などが要因で、自律神経が乱れることが多いと言われています。

「自律神経」とは、内臓や代謝、体温といった身体の機能をコントロールする神経のことで、

・日中や運動時に活発に働く「アクティブモード」の交感神経

・夜間やリラックス時に働く「休息モード」の副交感神経

があります。

この2つの神経がバランスをとりながら、私たちの身体を支えています。

自律神経の働き

「自律神経が乱れる」とはどういうことでしょうか?

それをご説明する前に、もう少し詳しく自律神経の働きをご紹介すると、

◾️アクティブモードの交感神経:

・呼吸や心拍を速める
・血圧を上昇させる
・筋肉を緊張・硬直させる
・消化器官の働きを抑制する
・発汗を促す
・瞳孔を収縮する

など身体を活動モードに促す働きを担っています。

◾️休息モードの副交感神経:

・呼吸や心拍をゆっくりにする
・血圧を下げる
・筋肉を弛める
・消化器官の働きを高める
・発汗を抑制する
・瞳孔を拡大する

など、身体をリラックスモードに促す働きを担っています。

 私たちの体はその時々の場面や時間帯で交感神経が優位に働く、または副交感神経が優位に働くように切り替わります。そうすることで、


・日中は仕事や勉強、運動などに適したアクティブモード

・夜はリラックスして休んで心と体を回復するための休息モード

といった具合に、心と体の機能を調節しているのです。

自律神経が乱れると「体が混乱」してしまう。

 しかし、この自律神経の働きが乱れてしまうと「体は混乱状態」に陥ってしまいます。

例えば、夜間に副交感神経が優位にならず、「アクティブモード」の交感神経が優位なままですと、睡眠が浅くなってしまいます。

また、逆に日中になっても交感神経が優位にならず、「休息モード」の副交感神経が優位なままでは、仕事中もボーッとして、集中できない。

あるいは「休息モード」の体を受理やり動かしているようなものになるので、当然疲れやすくもなります。


 その他、「呼吸が荒く、息苦しくなる」「心拍数が多くなる」「筋肉が過剰に緊張することで、肩や腰の血行が悪くなり、肩こりや腰痛の原因になる」などなど、様々な不調を引き起こす原因にもなります。

 このように、本来なら休息を取りたい時にアクティブモードの交感神経が優位になったり、活動時間帯に休息モードの副交感神経が優位になったりと、体と自律神経がちぐはぐな状態が続くことで、様々な不調=不定愁訴を引き起こすと考えられています。

不定愁訴は女性に多い?

 自律神経の乱れに伴う不定愁訴の症状は年齢、性別を問わずあらわれます。

しかし、その中でもホルモンバランスの乱れが原因であらわれるケースは、男性よりも女性に多い傾向がみられます。その理由は、女性の体はがホルモンバランスの影響を受けやすいためです。

また、月経に伴う症状は「PMS(月経前症候群)」に、45~55歳前後の女性の症状は「更年期症状」に含まれ、日常生活が困難になるほど症状が重い場合は、治療の対象となります。


一方、上記のようにある特定の時期に起こるのではなく、自律神経のバランスが崩れて心身に不定愁訴の重い症状が出た場合は「自律神経失調症」と診断されます。

たとえば、10代に多い立ちくらみや脳貧血などの症状を伴う「起立性調節障害」も自律神経失調症のひとつとされています。

「現代人のライフスタイル」が自律神経を乱す

 一方で男性でも不定愁訴と疑われる体調不良を訴える方は増えてきており、今や自律神経の乱れと体調不良は男女問わず深刻な問題になりつつあります。

その最大の理由は、「現代人のライフスタイル」そのものにあると言えます。

 例えば、デスクワーク中心の働き方や、車、鉄道の利用によって1日の運動量が少なくなると、「体を動かすことによって脳に伝わる感覚情報」が少なくなり、自律神経を司る脳の機能が低下します。

 また、偏った栄養や不規則な食生活は腸内環境を悪くしたり、脳や体の栄養不足を招きます。

 さらに、今や生活にに欠かせなくなったスマホやパソコンなどの「デジタルデバイス」は、長時間使用していると脳の血流を悪くする事も研究で明らかになっています。

 こうした、現代のライフスタイルの「あるある」が、いつに間にか脳や体にストレスをかけ続け、自律神経を乱す原因になっているのです。

ピラティスは自律神経の乱れを改善し、心と体のコンディションを整えてくれる

 こうした体調不良の原因となる自律神経の乱れを整える効果が期待できるメソッドがピラティスです。

ピラティスのキーワードの1つである「呼吸」は自律神経と深い関係があり、呼吸の乱れはそのまま自律神経の乱れへと直結します。

 実は、現代人の9割近くの人は何らかの「呼吸の乱れ」を抱えているとも言われています。そのため、自律神経のバランスが崩れている方も多くいらっしゃると考えれます。

 ピラティスは呼吸で使われる「横隔膜」や「肋間筋」という筋肉の働きを高めることで、低下した呼吸機能と自律神経のバランスを改善する効果があります。

さらに体幹の中心の「コア」と呼ばれる筋肉を意識しながら、肩、腕、脚、指先、爪先にまで至る身体全体の動きを丁寧に行うことで、脳を活性化します。これも自律神経の乱れを改善するのに効果的なポイントの1つです。

 このように、呼吸や体幹のコア、身体全体の動作へ意識を向けて行うことで、自律神経の乱れも整えることできるのがピラティスの特徴の1つです。

まとめ

 今回は自律神経の乱れと体調不良、そしてピラティスの自律神経を整える効果をご紹介してきました。

自動車や公共交通機関の発達、インターネットの普及やテレワークなど便利な世に中になった反面、運動不足や不規則な生活など、現代を生きる私たちはむしろ昔の人より体調不良になるリスクは増えたと言えるかもしれません。

 だからこそ、日々の身体のメンテナンスとしてはピラティスを取り入れてみてはいかがでしょうか。

なお、不定愁訴は「病気ではない体調不良」と前述しましたが、一方で鉄欠乏性貧血、甲状腺機能低下、軽度のうつ病など、他の病気が原因で起こる場合もあります。

なので、慢性的な体調不良が続いた場合は、まずは医療機関での検査や医師との相談を受けていただくことをオススメします。

 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。


SHARE

[addtoany]

ブログ一覧

ホーム > ブログ > 自律神経の乱れと体調不良