BLOG

ブログ

現代人の猫背の特徴

みなさんこんにちは。猫背改善パーソナルトレーニングSTUDIO BE FREEトレーナーの吉田です。

今回は「現代人の猫背の特徴」と題してお送りしていきます。

一説には日本人の8~9割の人が当てはまるとも言われる「猫背」。ここでは、現代人に最も多く向けられる猫背のタイプをご紹介していきます。

目次

猫背とは?

 猫背とは、字のごとく座った猫のように背中が丸まった姿勢を指します。

骨格模型をご覧になると分かるかと思いますが、私たちの背骨は横から見た時に真っ直ぐではなく、アルファベットの「S字」のようなカーブを描いています。

 背骨は3つの区画に分かれ、

・首の部分:頚椎

・胸の部分:胸椎

・腰の部分:腰椎

とそれぞれ呼ばれ、頚椎と腰椎は前方に、胸椎は後方にカーブを描くような構造になっています。

 一般的に猫背とは、この胸椎の後方カーブが過剰に大きく丸まったような姿勢を指すことが多いです。

代表的な2つの不良姿勢

「不良姿勢」とはその名の通り「悪い姿勢」を指します。

不良姿勢はいくつかに分類されているのですが、大きく分けて「猫背」と「反り腰」があります。

 猫背は先ほどもご紹介したように胸椎の後方カーブが過剰に大きくなり、背中が丸まった姿勢。

それに対して、反り腰は腰椎の前方カーブが過剰に大きくなり、背中が大きく反った姿勢を指します。

現代人に多い「猫背+反り腰」=スウェイバック姿勢

 そして、現代人に最も多い猫背のパターンが「スウェイバック」と呼ばれるタイプの猫背です。

 このスウェイバックは「猫背と反り腰が組合わさった不良姿勢」とも言うべき特徴を備えています。

 具体的には、

・首の付け根の部分だけが過剰に丸まり、逆に背中は本来の背骨のカーブを失い、腰が大きく反っている。

・首も「ストレートネック」という言葉で表されるように、頚椎のカーブが失われて真っ直ぐになっている。

のが特徴です。

猫背は百害あって一利なし

 スウェイバックのように背骨が反った状態になると、背骨と繋がる肋骨や骨盤もズレるため、身体の中心部分が大きく崩れます。

さらに首の付け根が大きく丸まるために、頭が前方に突き出るような姿勢になるため、首や肩に大きな負担がかかるようになります。

 すると「見た目」が悪いだけではなく、「肩こり」や「腰痛」などといった痛みを引き起こす原因になるとも考えられます。

まさに、「猫背は百害あって一利なし」と言えるでしょう。

まとめ

 今回は「現代人の猫背の特徴」と題して、「スウェイバック姿勢」をご紹介しました。

 次回は「猫背のデメリット」と題して、猫背が私たちの健康に及ぼす様々な悪影響についてご紹介していきます。

 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

SHARE

[addtoany]

ブログ一覧

ホーム > ブログ > 現代人の猫背の特徴